喜田惠治(きた けいじ)医師

専門は肝臓病です。常にトップランナーでありたいと勉強会や学会に参加するなど、日々努力しております。
C型肝炎やB型肝炎の診断治療、肝細胞癌の早期発見と治療は診療の大きな柱です。
その他原因不明の肝機能障害を考えることが好きです。
画像診断のトレーニングを積んで、特に超音波検査は得意としております。
私の研究テーマは腹腔鏡や肝の微小循環です。

資格

内科認定医
消化器病学会専門医
肝臓学会指導医

略歴

昭和53年岡山大学を卒業。
昭和54年~55年三原赤十字病院
昭和55年~57年三豊総合病院。
昭和57年~61年岡山大学第1内科。
昭和61年~平成17年香川県立中央病院。


 

松山まどか(まつやま まどか)医師

第2、第4木曜日の午後担当です。

資格

認定産業医